北極に生きる動物

北極に生きる動物とは

北極に生きる動物の生態

北極は北半球にあるのですが、地図や地球儀には載っていません。南極はあります。その答えは、南極は陸地があり大陸ですが、北極は氷があるだけだかからです。このことに多くの方が驚いたことでしょう。ここでは野生動物の生き生きとした生態を見ることができます。冬、雪の色にとけ込むように、多くの種類の真っ白な赤ちゃんがいます。ホッキョクウサギ、ゴマアザラシ、ホッキョクギツネなど、生まれた時はふわふわで真っ白です。でも、数週間して大きくなると、大人と同じものと生え替わり乳離れの時期を迎えます。神秘的な動物の生態です。野生生物を保護することも、大事な目的があります。大声は厳禁です。驚かせてはいけません。適切な距離を保ちながら観察しましょう

北極に生きることとは

北極には様々な動物がすんでいます。どんなものがいるかと想像すると、真っ先に思い浮かんでくるのはホッキョクグマやホッキョクウサギなどではないでしょうか。名前にホッキョク、とついているだけあって、その連想性はかなり高いでしょう。それらの動物は基本的に真っ白な毛に身を包んでいます。その姿は、真っ白な雪の中に住むうえで擬態の役割を果たしますが、その白い色も北極を連想させるのに十分な要因となっているでしょう。ホッキョクギツネやシロフクロウも真っ白な綺麗な毛に体を包んでいることから、思い浮かんでくるのではないでしょうか。

北極に生きる動物情報

新着情報

↑PAGE TOP